ブラックの専業主婦は借入できるものなの?

カードローンには大きく分けて3つあります。消費者金融系、信販系、銀行カード系があり、この3つの中で審査が厳しいと言われているものは銀行系とも言われています。

 

しかし、最近では銀行系のカードでもショッピングセンターが運営しているカードローン会社では主婦を多くターゲットにしている事もあり、比較的審査基準を低く設けている事も多いです。
過去に多少なりともブラックがあろうと専業主婦でも夫が収入が安定していれば融資可能であったり、即日で融資を受けられるなど比較的気軽に借りられるような状態になりつつあります。

 

また、限度額も他の消費者金融系や信販系よりも高額でまとまった金額を借り入れる事も可能です。
総量規制がかかる消費者系などでは年収の三分の一以上の借り入れは収入証明書の提出や借り入れが出来ないといった事がありますが、銀行系カードローンにはこの総量規制が該当しないのでより多くの額を借りたいという事であれば銀行系のカードローンがお勧めでしょう。

 

まとまったお金が借りれると言っても忘れてならないのは返済できるか必要ですが、ある意味総量規制がかかっている方がやみくもに借りて首が回らない状態を作るよりは消費者金融系で制限を設けて借りた方が安心という人もいるかもしれません。
消費者金融系は金利が高いと思われがちですが、今はどこも似通っている事が現実です。
消費者系のメリットは最短で融資、数日間無利息など、短期間で返済のめどがある人は無利息を条件としたローンを借りるのも手でしょう。