銀行カードローンの借入限度額

カードローン等を利用する際、借入できる金額の上限を業者が設定する事になります。
利用者はその上限までの範囲内で、借入、返済を行っていく事になります。
これが限度額で、消費者金融の場合、総量規制の対象となる為、年収の1/3にあたる金額が上限となります。

 

それに対して、銀行の場合は、総量規制の対象にはならない為、年収の何割、といった決まりがありません。
上限は、銀行がそれぞれ設定した金額となります。
その上限は銀行によって異なりますが、500万円や800万円等、高額の設定になっている事が殆どです。
ただ、審査を受ければ500万円や800万円を融資して貰えるかといえば、そうではありません。

 

最初はその上限よりも少ない金額が限度額として設定される事になり、その後、増額の審査を受ける事で限度額を増やしていく事になります。
その最終的な金額が、上限となる金額となりますが、そこまで利用可能になるという可能性はかなり低いものとなります。
銀行カードローンを利用したいと考えた時、少しでも限度額が多い方が便利に利用できると考える人は少なくありませんが、それは可能となる上限であって、実際に利用可能になる金額はそれよりも少ないという事を覚えておく事が大切です。