会社への在籍確認をスキップする方法

消費者金融からお金を借りる場合、あまり知られていない無名のところだと取り立てが厳しい可能性や違法金利の懸念もあるため、銀行カードローンを利用したほうが安心できます。

 

申し込みを行う際に収入証明書が不要になったところもありますが、審査を行う際に会社へ電話を行い在籍確認するところが多くなっています。
金融機関名を告げて電話かけてくるところは少ないため、ローンを申込んでいるとバレてしまう可能性は低いですが、普段あまり電話が会社にかかってこない人だと多少不信感を持たれてしまうことがあるため、在籍確認を書類で済ませてくれるところを利用すると良いです。

 

社員証や給与明細そして健康保険証などを携帯のカメラで撮影し送ったり、FAXで送信することで在籍確認を行えます。
借入価格が高額な場合には電話での確認が必須のことも多いため、注意が必要です。

 

即日融資が可能であっても電話により在籍確認が行われる場合、会社が休みで確かめることができない休日などに申込んでしまうと直ぐに利用できなくなってしまいます。

 

銀行系カードローンを利用する際、借入前に普通預金口座が開設してあると便利に利用することができるところもあるため良く確かめ、お得であれば開設を前もって済ませておくと良いです。
返済を口座から引き落としにするなど、いくつか活用方法があります。